仏教哲学研究会



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


388件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[388] おはようございます、皆様方

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月23日(日)06時31分12秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 今朝一、日課のネットの聖教新聞開きました。

 わくわくしながら人間革命読むと昨日のまま。

 そうか・・・・
 日曜なんだ・・・・

 体験もお休みでした。
 人間革命と体験談がない聖教新聞。

 魅力半減ですね。
 贅沢な感想ではございます。




[387] おはようございます、皆様方

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月21日(金)06時42分7秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 二世三世への信心の強要が問題になっています。

 今後の創価学会では、その問題は縮小して行くと思っています。
 無くはならいでしょうが・・・

 以前縦線の時代の先輩のご家族とお話しした時、息子さんが云われました。

 子供の頃勤行しないと父親に殴られました。
 だからイヤイヤやってました。
 今は絶対にやりません。
 姉はそれが嫌で出て行って、今は連絡もよこしません。
 家族の縁を切ると言って出て行ったままです。

 こう云う事は沢山ありましたし、私はそれを凄く注意して子育て致しました。
 池田先生はそう云う指導は一度もされていません。
 間の幹部に問題がありました。

 『ご家族が信心されていない。
 そう云う事で悩んではいけません。
 ご家族でお一人信心されておられるなら、その功徳は全員に回ります。
 安心して信心して下さい。
 家族が信心されておられない。
 そう云う事で悩んではいけませんよ。
 又、幹部の皆様方はそう云う方を大きく包んであげて下さい。
 それが創価家族なんです。』(主意)

 昔日本の軍隊は、命令が下に向かって過激になって行く特徴がありました。
 創価学会もそう云う時代があったのです。

 今都議選やってます。
 兵庫県にいたころ、

 東京は創価学会が宗教法人で登録しているんだ。
 負けたら法人を取り消され解散させられる!
 自民党はそれを狙ってるんだ。
 仏敵自民党をやっつけろ~!!

 そう云う激が飛び交っていました。
 本当の事ですよ。

 現在、国政では創価学会は自民とべったりです。

 その後新進党になって、私の地域は石井一さんを応援することになりました。
 当然私にもFをとるように指示が来ました。

 嫌ですよ、石井さんはね、池田先生の悪口ばかり云って真面目な創価が会員苛めて来た人です。
 そう云う人応援したくありません。

 キッパリ断ると幹部が云われました。

 今は石井さんもその点を反省されています。
 そう云う事は今後絶対にしないと誓っておられます。

 で、更に云いました。

 その誓いを平気で破って来たのがこれまでの日本の政治家じゃないですか。
 そんなの信用できません。
 私はあの人を絶対に応援しません。

 君は獅子身中の虫だ!!

 顔を真っ赤にして帰って行かれました。
 その石井さんが、P献金問題で騒ぎ立て、先生を国会で喚問しようとされました。
 私はやっぱりなと思いました。

 石井さんね、神戸のサンボーホールで選挙の時男子部が騎馬を組んでその上に載って登壇。

 創価学会から受けたこのご恩は一生忘れません!

 号泣なさいました。
 その後縁があって個人的にお世話になったので、2005年の衆議院選挙で石井さんの選挙をお手伝い致しました。

 緊急選挙対策会議に出席する立場でした。
 受けた恩は恩。
 神戸を去るにあたってキチンとお返ししたかった。

 石井さんが必死で電話されていて、

 和尚、応援して下さい!
 創価学会やっつけます!!

 やっぱりな・・・・・・
 少々あほらしかったですね、あの顔真っ赤にして私を怒った幹部思い出しました。

 こう云う幹部の独断性が、二世三世を追い詰める父母を作り出したんです。

 将来創価学会はアメリカやヨーロッパのキリスト教と同じレベルの活動になるでしょう。
 日曜には教会へ行って説教を聞く。
 敬虔な人は朝夕祈って、食事前も感謝の祈りをする。
 それをしなくとも誰も責めない。
 日常の中に宗教が溶け込んでいるのです。

 選挙が~~!!
 池田先生が~~!!
 新聞推進が~~~!!!
 会合に大結集が~~~!!
 大折伏戦が~~~~~!!!!

 そう云うのは近い将来無くなります。
 でないと会員の気持ちは離れます。

 何故私がそう思うか?
 創価学会は指導主義でやって来ました。
 よく掲示板でも私を責めるのに、

 沖浦は幹部の指導を受けない!!

 そう云うのありました。
 所が現在の創価学会は指導主義ではありません。

 激励と励まし主義!!

 上意下達ではなくなっています。
 指導受けろと云う人は創価学会の現状に無知なんです。
 組織と隔絶した人。

 そう云う人が二世三世の苦しみ作って来たんですよ。
?



[386] おはようございます、皆様方

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月19日(水)06時51分36秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 創価人の私は、本筋に戻って功徳を書きます。

 昨日恋女房とお花見いたしました。

 その間も、仕事の連絡がどんどんラインで入ります。
 この年末のスケジュールの件までございました。

 うれしいですね。
 功徳です。

 そして功徳の形でございます。

 https://www.facebook.com/katsuji.okiura/posts/922790617862437?notif_t=like¬if_id=1492498977987120

 https://www.facebook.com/katsuji.okiura/posts/922791084529057?notif_t=feedback_reaction_generic¬if_id=1492500057381193

 怨嫉謗法謹んで、普通に唱題して普通に生きて行けば何方でもこうなります。
 創価仏法の功徳って、凄まじいですよ!!

 やらないと大損!!



[385] おはようございます、皆様方

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月17日(月)06時35分10秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 クジラさん所にsewさんが書き込まれておられますね。

 私はこの件でどちらの味方もいたしませんが、一つだけ書いておきます。

 sewさんとは現実に何度か対面しております。
 クジラさんとは対面をしておりません。
 ですので、現状では

 sewさんのご指摘の内容が実際にあった。

 と、大きな確率で考えております。
 但し双方のお話をお聞きしないと結論は出せません。
 将来クジラさんと対面することがあるなら、その時お聞きいたしますでしょう。
 クジラさんに対面をしてその説明を要求する、と云う事ではございません。

 対面の機会があって(私は強く望んでおりますが)、クジラさんがその話題に触れる事をお許しになられるなら、その時はお聞きしたいと存じます。

 対面による対話こそが、創価学会の基本であり、大聖人仏法の根幹をなす行い。
 これは昨日も書かせて頂きました。

 『人生の大事は対面による対話しかどうしようもない。』(主意)

 牧口先生以来、創価の伝統でございます。

 『書は言を尽さず言は心を尽さず事事見参の時を期せん、』
 (太田入道殿御返事)

 創価三代の聖人方、日蓮大聖人、これ等の末法広布の偉人方が、押しなべて対面による対話をせよと云われる。

 私は、大聖人門下の創価人として、ネットを助縁とした対面対話を目指すことが仏法者のネットの王道だと定めて来ましたし、今後も変えるつもりがございません。

 当然、対面には危険が付きまといます。
 先ずアポをとる時から、自身の連絡先や実名などの個人情報が相手に知られます。
 それを悪用されることが十分に考えられます。

 事実、私も凄まじいまでのバッシングに晒され、結果として家業に大きな影響をもたらしました。
 2008年ごろからその傾向が強くなり、一昨年まで継続致しました。

 白馬村での体育協会加盟にも横槍があり、私共の仕事も紆余曲折を強いられました。
 何よりも恋女房が精神的に落ち込み、家庭が暗くなることもございました。
 ですが、御書には、

 『日蓮も又かくせめらるるも先業なきにあらず不軽品に云く「其罪畢已」等云云、不軽菩薩の無量の謗法の者に罵詈打擲せられしも先業の所感なるべし何に況や日蓮今生には貧窮下賎の者と生れ旃陀羅が家より出たり心こそすこし法華経を信じたる様なれども身は人身に似て畜身なり魚鳥を混丸して赤白二・とせり其中に識神をやどす濁水に月のうつれるが如し糞嚢に金をつつめるなるべし、心は法華経を信ずる故に梵天帝釈をも猶恐しと思はず身は畜生の身なり色心不相応の故に愚者のあなづる道理なり心も又身に対すればこそ月金にもたとふれ、又過去の謗法を案ずるに誰かしる勝意比丘が魂にもや大天が神にもや不軽軽毀の流類なるか失心の余残なるか五千上慢の眷属なるか大通第三の余流にもやあるらん宿業はかりがたし鉄は炎打てば剣となる賢聖は罵詈して試みるなるべし』
 (佐渡御書)

 私自身の過去世現世の謗法故に悪口罵詈される。
 それはそのまま現世での宿命転換の原動力だ。

 この御文をそう定めて身で少々読みました。
 その結果現在の大成功がございます。

 ネットの掲示板で創価を語るなら、魔が競うのが当然。
 それを恐れていて、ネットを舞台にした人間革命境涯革命は不可能。
 御書にございます。

 『願くは我が弟子等は師子王の子となりて群狐に笑わるる事なかれ、過去遠遠劫より已来日蓮がごとく身命をすてて強敵の科を顕せ師子は値いがたかるべし、国主の責めなををそろしいわうや閻魔のせめをや、日本国のせめは水のごとしぬるるををそるる事なかれ、閻魔のせめは火のごとし裸にして入るとをもへ、』
 (閻浮提中御書)

 当時門下への大弾圧の真っ最中。

 その国家による命に及ぶ弾圧でさえ、水に濡れるようなものだ、閻魔の責めは火の中に裸で入るほどの物、国主の責めなど恐れてはならない。

 この様に門下を激励なさっておられる。
 ネットで実名晒して責めらる程度、そよ風に頬を吹かれるようなもの。
 しかも、そのそよ風で自身の境涯革命が成し遂げられる。

 これほど素晴らしい話は滅多ございません。
 更には、ハンネのままであってもお互いに対面し合うなら、その部分から宿命転換は開始できます。
 但し私は皆様方にお勧め致しません。

 志のあらんお方はそう云うネットをなさいませ。
 志のないお方はご遠慮なさいませ。

 これだけの事でございます。

 『其の故は経文明白なり道心堅固にして志あらん人は委く是を尋ね聞くべきなり。』
  (法華初心成仏抄)

 広くは広宣流布。
 狭くは、自身の人間革命虚がい革命。

 これらへの志のないお方は、どうぞハンネでのネットでおやり下さいませ。
 それはそれで楽しいでしょうから。




[384] おはようございます、皆様方

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月13日(木)06時13分45秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 今朝も少しだけゆっくり上がります。
 コブが少し緩まないと危ないのです。

 昨夜、又テストワックス作りました。
 今朝から左右に塗り分けてテスト致します。

 この仕事があるので、雨でもガスでも風でもゴンドラ動く限りスキーに行きます。

 私は本当はスキーが大嫌いなんです。
 下手ですし、才能がない事を一番わかっています。

 ですが、仕事が、そして立場が滑らせてくれます。
 ありがたい事だと心から思っております。

 今日もコブ頑張る!

 頑張る自分。

 功徳~~!!



[383] おはようございます、皆様方

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月10日(月)06時56分24秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 今日は少しゆっくり出て、志賀高原です。

 ワックスとチュンナップの仕事なんです。
 頑張ります!

 最近私どものゲレンデワックスサービスが引っ張り凧です。

 来週は五竜、ゴールデンウイークは、五竜と志賀高原からお話をいただいております。

 2か所同時ですと、人を二つに分けないといけません。
 それで、現在内部で調整中です。

 特筆すべきは、現場での直売のOKがあることです。
 更に、その場でドンドン売れています。

 この5年間、製品の改良と価格の引き下げに挑戦して来ました。

 その成果が花開き始めました。
 嬉しいです。

 功徳~~!!



[382] おはようございます、皆様方

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月 8日(土)05時51分43秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 他板でも、上行菩薩で浮かれ騒ぐ方もおられます。

 少し整理しておきます。
 多くの方の位置付けは、

 久遠元初の仏>上行菩薩。

 こう云うものですね。
 久遠元初の自受用身如来が宇宙の最初の仏で、それが大聖人。
 釈迦はその法門である南無妙法蓮華経を修行久遠実成で仏に成った。
 上行菩薩はその釈迦の法華経を末法で弘める人。

 ですので、大聖人が上行菩薩の再誕だと云う思想はありません。
 大聖人は御書の中で、ご自身が上行菩薩である事を明確に否定されておられます。

 『而るに日蓮上行菩薩にはあらねどもほぼ兼てこれをしれるは彼の菩薩の御計らいかと存じて此の二十余年が間此れを申す、』
 (新尼御前御返事)

 明快に否定されておられる。
 誰がどう読んでも大聖人は上行菩薩ではあり得ません。

 釈迦仏法の限定された思想の中の上行菩薩の位置付けは、私共大聖人門下とは無関係なのです。

 大聖人は久遠の南無妙法蓮華経。

 これは変わりません。
 そして、

 私共一切衆生も寸分違わず久遠の南無妙法蓮華経如来。

 ここが日蓮思想の極意。
 これが分からないと御書はわかりません。
 ですので、何処かの誰かさんの様に、

 沖浦は自分を久遠の南無妙法蓮華経如来から上行菩薩への格上げをしている。

 などと云う方は、御書に暗い見本ですね。

 まあ寛師教学ではそんなものです。



[381] おはようございます。

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月 6日(木)05時44分1秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 今日から3日間、ビジターが続きます。

 日本では有名なボディービル(ビキニ)の女子選手。
 高校生で円盤投げの男子選手。
 ナショナルチームで闘う男子のボブスレー選手。
 スキーを究めんと頑張る一般のお方。

 それぞれそれぞれの思いで来られます。

 後2年もすれば、私のジムは全国区!
 必ず致します。

 晩年とも云える年で人生の拡大をする。
 創価の信心の冥益です。

 怨嫉謗法慎んだら、祈りがドンドン叶います。
 怨嫉謗法が日蓮仏法で厳しく戒められているのを、身を持って知りました。

 一切衆生が南無妙法蓮華経如来。
 その衆生を怨嫉する。
 仏を怨嫉して功徳がある道理がございません。

 ここにも怨嫉謗法に明け暮れる人もおられる。

 可哀想で、お気の毒です。



[380] おはようございます、皆様方

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 4月 2日(日)06時30分45秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 上行菩薩は一人だけではないと書いたら、色々あちらこちらで反論がございます。

 真面目なご意見もございましたので少々ご説明致します。

 御書には

 『此の人末法に出現して妙法蓮華経の五字を一閻浮提の中国ごと人ごとに弘むべし、』
 (妙密上人御消息)

 とございます。
 人ごと国ごとに弘めるのですから、一人では不可能です。
 地涌の菩薩の代表としてのシンボルの上行菩薩。
 この菩薩の本地は何か?

 久遠の南無妙法蓮華経如来です。

 そして私共一切衆生も同じく寸分違わぬ久遠の南無妙法蓮華経如来。
 御書に如来の説明がございます。

 『されば文句の五に云く其車高広の下は如来の知見深遠なるに譬う、横に法界の辺際に周く堅に三諦の源底に徹す故に高広と言うなりと、所詮此の如来とは一切衆生の事なり既に諸法実相の仏なるが故なり、知見とは色心の二法なり知は心法見は色法なり、色心二法を高広と云えり、高広即本迹二門なり此れ即ち南無妙法蓮華経なり云云。』
 (御講聞書)

 『然らば無作の三身の当体の蓮華の仏とは日蓮が弟子檀那等なり南無妙法蓮華経の宝号を持ち奉る故なり云云。』
 (御義口伝巻下)

 『此の妙法蓮華経とは我等が心性総じては一切衆生の心性八葉の白蓮華の名なり是を教え給ふ仏の御詞なり、』
 (一念三千法門)

 ここまで書くと必ず無知な方が云いますね。

 仏に総別があって、別しては大聖人お一人だ!!

 これって大間違いなんですね。

 『御義口伝に云く此の品の題目は日蓮が身に当る大事なり神力品の付属是なり、如来とは釈尊惣じては十方三世の諸仏なり別しては本地無作の三身なり、今日蓮等の類いの意は惣じては如来とは一切衆生なり別しては日蓮の弟子檀那なり、』
 (御義口伝巻下)

 寛師の害毒は凄まじいものがございます。
 捨てて良かった日蓮正宗。
 辞めずに良かった創価仏法!!

 追記致します。

 御書は大聖人お一人との表記が多くある。
 だから大聖人だけが特別の仏様なんだ。

 これも大きな勘違いです。
 大聖人を特別な存在に祭り上げ、聖人化してしまうと、それに使える僧侶たちも簡単に特別な人種に出来ます。

 後世の習い損ないが犯した自己保身の大嘘。
 代表は寛師ですね。
 御書には、

 『一人を手本として一切衆生平等なること是くの如し、』
 (三世諸仏総勘文教相廃立)

 最初のお一人が大聖人です。
 後は一切衆生が全て同じ。
 そして、大聖人も一切衆生の中です。
 当然ですよ、人間ですからね。
?




[379] おはようございます。

投稿者: 沖浦克治 投稿日:2017年 3月28日(火)05時57分53秒 softbank126045057185.bbtec.net  通報   返信・引用

 昨日は今年2回目のオフ日に致しました。
 連日の闘いで疲れた身体と心を癒しました。

 唱題もお昼の1時から30分。
 朝夕の勤行を一回にまとめてやりました。

 それまでの時間ひたすら食べて寝ていました。
 そして思いました。

 近い将来勤行も朝夕ではなく、日に一回自由な時間帯でやるようになるだろうな・・・

 その方が合理的ですね。


レンタル掲示板
388件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.