teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


戌年の年始にハッとしたこと

 投稿者:mはら  投稿日:2018年 1月 8日(月)23時54分23秒 sp1-72-2-10.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  例のごとく、思った通りには山に行けていないですが、
戌年の年始にハッと気づいた山ネタ(神社ネタ)があり、
その閃きに対する嬉しさの赴くまま、
以下の雑でいい加減な資料を2時間で作りました。
「嘘・大袈裟・紛らわしい」の類いの苦情は受け付けません。
悪しからず。
 
 

雪上トレのmemorandum(備忘録)

 投稿者:mはら  投稿日:2017年12月31日(日)00時55分27秒 sp1-75-230-63.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  年の瀬に振り替えってみました。

 

日和田山 トップロープクライミング(2/2)

 投稿者:mはら  投稿日:2017年12月20日(水)01時31分27秒 sp1-75-215-206.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  トラジロウさんはアイゼンでのクライミング
(ドライツーリング)にも挑戦していました。
 

日和田山 トップロープクライミング(1/2)

 投稿者:mはら  投稿日:2017年12月20日(水)01時20分57秒 sp49-98-154-67.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  登山や冒険を
記録・記述・報告することが楽しい
今日この頃です。

 

恒例雪上トレーニング at 天神平

 投稿者:mはら  投稿日:2017年12月17日(日)11時25分5秒 sp49-98-154-67.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  天候とメンバーに恵まれ、充実のメニューでした。

 

新幹線の車窓から

 投稿者:mはら  投稿日:2017年12月12日(火)00時08分50秒 sp1-75-4-138.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  早朝6時台の路線バスの車窓から見えた
モルゲンロートの山々の景色が素晴らしかったので、
すっかり眠気も薄れ、気分を良くしてしまい、
続きの道中でも、山の景色を堪能したいと思い、
新幹線に乗ってしまった山バカです。

1枚目: 言わずもがなの富士山。

2枚目: 雪化粧の武甲山。

3枚目: 東京駅着。丸ノ内口の駅前整備事業が完成していた。


 

山でも珈琲を美味しくシバキたくて

 投稿者:mはら  投稿日:2017年12月 1日(金)23時39分9秒 sp49-98-149-105.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  欧米のアウトドアシーンで
コーヒードリップの主流であると聞く
フレンチプレスシステムを導入し、
取り敢えず、インドアで試してみました。

 

登山店縦走③ 【増補2】紹介しきれない店の数々

 投稿者:mはら  投稿日:2017年11月22日(水)02時29分54秒 sp49-98-163-1.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  神保町~御茶ノ水エリアは登山ショップがありすぎて
まだまだ紹介しきれないけど、いくつか捕捉でご紹介。

①カンダハー山の店
  小さいけど、マインドルやガルモントなど、
  取り扱いブランドの顔ぶれにセンスが光る。
  近くにはスキー専門の姉妹店も。

②モンチュラ直営店
  同エリアの話題の1つは、
  イタリアのモンチュラの直営店がオープンしたこと。
  直営店は初出店らしい(他はフランチャイズとのこと)。

③さかいやスポーツ
  神保町駅付近に計6店舗を展開。
  シューズ館のシューズのラインアップには驚く。
  無いものは無い、という印象。

まだまだ紹介しきれない…。

 

登山店縦走③ 【増補1】寄りたい飲食店

 投稿者:mはら  投稿日:2017年11月22日(水)02時12分43秒 sp49-98-163-1.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  神保町~御茶ノ水の登山ショップ集積地で
ショッピングのついでに寄りたい
珈琲店、洋食屋をいつくかご紹介。
(取り敢えず、自分で入ったことがあるお店だけ)

①キッチン南海(写真1枚目)
  学生御用達のボリューム。黒カレーは絶品。
  この日は臨時休業でありつけず。

②さぼうる1・2(写真2・3枚目)
  メニューが若干異なる「1」と「2」が隣り合う。
  「1」は純喫茶、夜はパブ。
    2枚目の写真は「1」の外観。
    3枚目の写真は「1」のピザトースト。
  「2」はランチメニューの扱いあり。

③ボンディ
  美味しいカレーの名店。

④喫茶 穂高
  山好きにはたまらない店名。
  山の版画家、畔地梅太郎先生の
  素朴な作品も壁にかかっていたりする。
  余談だが、畔地先生のご家族が管理されている
  「あとりえ・う」が町田市にある。
    (小田急線鶴瀬駅~徒歩15分。営業日要確認。HPあり)

 

登山ショップ縦走コース③ 吉祥寺~御茶ノ水

 投稿者:mはら  投稿日:2017年11月15日(水)21時07分46秒 sp49-98-163-1.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  第1弾と同じく、都内の登山ショップ縦走コース。
徒歩の第1弾と異なり、電車移動のロングトレイル(?)。
その記録を帰りの電車でゴトゴト揺られながらタイピング…。

無理をしない、欲張らないが登山のMottoの私としては、
山手線内からアクセスが容易で、
数店舗が集積している吉祥寺をスタートとしたいが、
今回に限っては欲張って、実際には
三井アウトレットパーク南大沢をスタートとした。
同施設には複数のアウトドアブランドの直営店があるので、
一度訪ねておきたかったのである。
この日はたまたま、
某エスプレッソマシンブランドのお店が
期間限定で来年年明けまで出店していたので、
そこで試飲のエスプレッソをしばかせていただきながら、
マシンの特徴やコスト感、キャンペーン内容を
説明していただいた。
欲しかったけど、家族から無駄な買い物と
酷評されるに決まっているので我慢。

いくつかのお店を回って、
履き易いクライミングパンツを試着したりしたものの、
パンツも10本ぐらい持っているし、結局何も買わず。

なお、南大沢から本来のスタート地点である
吉祥寺へ向かう際には複数のルートが選べるが、
私は明大前駅から初めての井の頭線に乗り換えて向かった。

降り立った吉祥寺駅の近くには、
全国展開のショップがいくつかあるし、
「山幸」(やまこう)という老舗もある。
「山幸」は登山雑誌のショップ特集でよく取り上げられる。
お店は狭いけど、サレワやマインドルなど
取り扱い店が少ないブランドも扱っていたりして、
老舗ならではのブランドとの関係構築の成果を感じる。
ちょうど、常連と思われるお客さんが
ヌバックレザーのブーツのメンテナンスについて
相談に来ていて、@ホームな雰囲気で賑やかだった。

少し脱線するが、ヌバックレザーのメンテナンスについては
意見・主張が別れるようである。
私は個人的にはWAX加工派である。
色んな情報がネット上に散乱しているが、
集めた情報を自分なりに咀嚼し、自分で試し、
上手くいかなければ、何度か繰り返して
情報の真偽を判断する。
そんな地道で真摯な態度が大切だと思う。
情報を鵜呑みにしてもいけないし、
自分の知識を過信してもいけない。
試行錯誤、それのみである。

なお、吉祥寺駅前には他に
「vic2」(ヴィックツー)というお洒落なお店があるが、
今回は失念して行き損ねた。
次の縦走の機会にリベンジしたい。

吉祥寺駅からは中央線快速で東進し、中野駅へ。
中野駅での乗り換えは人生初…。
東西線に乗り換えたつもりが
「あれ?地上を走ってるぞ…。
  (車内の路線掲示を確認…。)
  ガーン、これ中央・総武線(各駅)じゃないかー」
大久保駅で降りて、高田馬場駅まで歩いた…。

ついでに、カモシカスポーツに寄った。
穂高岳山荘の名物小屋番、宮田八郎さんの
新作Blu-ray(穂高の星空)が置いていないか覗いた。
先月のリベンジを図ったが…、
ハチプロダクション(宮田氏の映像製作会社)の直販サイトを
利用するしかないのか…。

東西線でビューンと九段下駅へ、
半蔵門線に乗り換えて神保町駅へ。

神保町駅のとある地上口を出ると、すぐのところに
さかいやスポーツのシューズ館がある。

さかいやスポーツは、
神保町駅周辺に店舗を構える老舗である。
しかも、道具のカテゴリーごとに店舗が別れている。
全部で6店舗ぐらいあったはず…。
夕暮れが迫り、時間的に厳しかったので、
シューズ館だけ見て退散。
時間がある時にじっくり他の館も巡りたい。

また、神保町と言えば、キッチン南海には寄りたい。
平日のランチタイムには、サラリーマンや明大生が行列する。
味はもちろん、ボリュームも凄い。
ああ、何年食べていないだろうか…。
加えて、神保町にはカレーの名店や珈琲の名店がひしめく。
素通りするのが大変勿体ない街である。

神保町の交差点から東進すれば、
ICIスポーツの本店をはじめ、多くの登山ショップや
スキー・スノボー店が並ぶ御茶ノ水・小川町エリアである。

当縦走コースのゴール地点としては、
老舗「ニッピン」を薦めたい。

スポルティヴァのブーツを選ぶならココ。
また、世界の山岳会のレジェンドの1人である
メスナー氏の名を冠する山岳テントを扱っていたり、
老舗のセンスが光る。

なお、ニッピンは、小川町店(神田店)と秋葉原店の
二店舗体制であったが、先月10月末を以て惜しまれつつも
秋葉原店が閉店し、小川町店のみとなった。

ニッピン小川町店をゴールとしても良いし、
頑張って御徒町駅まで足を延ばして、
駅前のアートスポーツで締めるのも良い。
なお、アートスポーツは、
伝説のハセツネがかつて働いていたお店である。

少し長い縦走コースであるが、
東京メトロやJR都区内のフリーパスを使えば
効率的に駆け抜けることができるコースである。
なお、
渋谷やキャットストリート(神宮前)、新宿を絡めた
バリエーションルートも自由に設定できるだろう。

以上

 

宝登山は確かに宝の山だった

 投稿者:mはら  投稿日:2017年11月11日(土)23時12分46秒 sp1-75-199-205.msb.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  長瀞アルプスは3年ぶり、2回目。
前回とは逆回りで。

テント縦走用ハイカットを半年ぶりに使おうと
思いたって、ピークの朝を避けて昼過ぎからスタート。

 

秩父からついでに西沢渓谷へ

 投稿者:mはら  投稿日:2017年11月 1日(水)11時59分30秒 sp1-75-247-247.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  雁坂トンネルを抜けると、
そこは錦秋の西沢渓谷だった

 

雲海を求めて

 投稿者:mはら  投稿日:2017年11月 1日(水)10時56分20秒 sp1-75-247-247.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  すでに展望台には人がたくさん。

ビギナーズラックとは行かなかったものの、
雲海は無くとも綺麗な朝焼けを見られたからいいや。
 

登山ショップ縦走コース② 太田~伊勢崎(3)(完)

 投稿者:mはら  投稿日:2017年10月24日(火)16時52分45秒 sp49-98-129-99.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  登山ショップ縦走コース群馬編の第2中継点は、
ICIスポーツ太田店から車で40~50分ほどの
WILD1伊勢崎店。

コアな岳人が嗜好するジャンルの装備は
スタート地点のTOMY-ONEと同様に扱っていないが、
キャンプ用品と釣り用品の充実を売りにしている。

純粋な登山ショップでは扱っていないような、
テント泊や、沢登りでの野営や食料調達(笑)に必要な
装備を探すには良いと思う。


ゴール地点は、WILD1から車で5分ほどの
「山とスキーの店 石井DreamBOX」。

群馬全域や埼玉北部のコアな岳人が求める物はココにある。

シェルパやARC'TERYX(ブーツを含む)、LOWA、モンテインなど
扱っているお店が限られるブランドも扱っているし、
スキーも扱っている。
そして何より、お店オリジナルの革靴も置いている!

家族経営のお店で、混雑状況などによっては、
サロンでコーヒーをご馳走していただけることも。
数ヵ月ぐらいの間隔で数年前から通っているが、
今回初めてコーヒーをいただく機会に恵まれ、
女将さんとコーヒーをすすりながら
山談義をさせていただいた。


名山を多く擁する群馬だけに、多くの登山ショップがあり、
東京と違い、喧騒や時間にせき立てられることなく
登山装備をじっくり吟味するには持ってこいのコースである。

なお、
少し先の高崎まで足を延ばせば
全国展開の登山ショップがいくつかあるので、
高崎をゴール地点とするのも良い。

あるいは、少しねじれた位置ではあるが、
深谷の「Relax snowsurf shop」で締めくくるのも良い。
バックカントリー用の
ARC'TERYXやNORRONA、HOUDINIなどのウェアや
オリジナルのワックス、スノーボードなどを扱う。
なお、扱っているアイテムや標榜するスタイルが
登山とは一線を画すことを承知の上で訪れるべし。
(水曜~日曜・午後~21時営業。事前にHP確認が確実)

http://relax1997.com

 

登山ショップ縦走コース② 太田~伊勢崎(2)

 投稿者:mはら  投稿日:2017年10月24日(火)15時49分24秒 sp49-98-129-99.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  登山ショップ縦走コース群馬編の第1中継点は、
スタート地点のTOMY-ONEから車で5分ほどの
言わずと知れた、ICIスポーツ太田店。

トレラン、沢、岩登り、雪山、アイスクライミング、
バックカントリー(板やブーツは取り寄せっぽい)まで
対応する装備を取り揃える。
取り扱いブランドも幅広く、定番ブランドはもちろん
スポルティヴァやザンバラン、テルヌアなど
ヨーロッパの憧れのブランドも置いている。

F谷山岳会のblogを拝見していると、
どうやら同会の御用達のお店らしい。

また、パンフレットコーナーには
各ブランドのカタログや
各地のアウトドアスポット・業者のパンフレットが
豊富にあり、情報収集の為に足繁く通ってしまう。

 

登山ショップ縦走コース② 太田~伊勢崎(1)

 投稿者:mはら  投稿日:2017年10月24日(火)15時26分13秒 sp49-98-157-160.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  登山ショップ縦走コースの第二弾は、群馬。
群馬は車社会だし、
都心と違いショップが集積していないので、
車移動が前提。

スタート地点は、太田市のTOMY-ONE。
半年ぐらい前の月刊誌PEAKSの
個人ショップ紹介コーナーで取り上げられていた。
現在地に移転する前から通う、個人経営のお店。

品揃えは、グリーンシーズンを前提とした
ハイキング、縦走、テント泊、キャンプに加え、
雪山ハイク、スノーシューハイクなどに
対応するウェア、ギアに潔く割りきっている。
クライミングや沢登り、山スキーなど、
コアな岳人の趣向は想定していない。

しかし、取り扱いブランドにはセンスを感じる。
GSIやHelinox、グレゴリー、ミスラン(以上はA&F)、
チャムス、マムート、キーンなど
お洒落なブランドを選りすぐりつつ、
エバニュー、ノース、foxfire、モンベルなどの
定番ブランドも押さえている。

また、アウトレットコーナーもあり、
足繁く通えば、掘り出し物に出会える。今回は
VICTORINOXのスイスカード(※)の古いモデルをGET。
(※)カード型のマルチツール。
    刃物はレターオープナーとミニはさみのみ。

雑貨や木の玩具、
話題の等高線ストール(足利のお店のオリジナル品)など
半分、雑貨屋さんやセレクトショップのようなお店。

登山装備にワンポイントを加えてくれるアイテムを
探しに来るには打ってつけ。

周辺は住宅地で、
見通しの悪い十字路や狭い通学路もあるので運転注意。

なお、スタート地点を、ちと遠いけど、
東北道 佐野藤岡IC近くの
佐野プレミアムアウトレットに設定してもいい。
VICTORINOX(アパレルや鞄もあり)やKEEN、OAKLEY、
foxfire、PROTREK、フェニックスなどを入手できる。

 

星空食器で我慢

 投稿者:mはら  投稿日:2017年10月22日(日)09時40分3秒 sp49-98-129-99.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  GSI(取り扱い:A&F)の
星空のようなラメが入ったマグとカトラリー。

雨で山に行けない日、星空が見えない日は
これでお家カフェも良し。

近隣では、太田市の登山ショップ
「TOMY-ONE」で扱いあり。
品揃えが好きで、数年前から通っているお店。
(半分、雑貨屋さん、セレクトショップ的なお店)

 

登山ショップ縦走コース① 新宿~目白

 投稿者:mはら  投稿日:2017年10月17日(火)17時06分26秒 sp1-75-237-91.msb.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  悪天続きで山に行けないときは、
都内の登山店を歩いて巡るのも一興です。

特にオススメなのは、以下のコース。

登山店の一大集積地である新宿エリア
(もしくはメトロ新宿三丁目駅)からスタートし、
歌舞伎町へ移転したばかりの秀山荘に寄り、
歌舞伎町同様にディープな新大久保を抜け、
高田馬場のカモシカスポーツで
豊富なラインアップの登山書籍を品定めし、
目白の中根穂高さんのカラファテで
憧れのクライミングギアに触れて
目白駅(もしくはメトロ雑司が谷駅)にゴールする
コースです。
歩行距離5km、歩行時間1時間ほどです。
一大集積地の1つである池袋西口まで足を延ばすも良し。

前半は東京のディープな部分に触れ、
後半は閑静な文教地区を歩けます。
充実した買い物もできます。

 

信州への登山の帰りに寄りたい丸山珈琲

 投稿者:mはら  投稿日:2017年10月 7日(土)19時07分55秒 sp1-75-237-91.msb.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  純粋な登山以外の投稿ばかりですみません。
「山岳会」ではなく「山旅会」という名の会に入ったので、
山にまつわる文化や民俗風土も含めて
Allラウンドに山に親しんでいきたいなぁと思い、
このような投稿もしています。ご了承下さい。
(以上、投稿当日の深夜に追記)

さて、
山旅会のマウンテンジェントルマン槇有恒(★)こと(私が勝手にそのように形容しているだけです。ご迷惑でしたらすみません)、KGKさんがお話しされていた
丸山珈琲が以前から気になっていたので、本場長野まで行ってみた。
ついでに例の如く、周辺の登山ショップを徘徊。
パワースポット「皆神山」(※)はアクセス方法の事前調査が甘かったし、時間的にも断念。
今夜は川中島古戦場の花火大会らしい。

(★)まきゆうこう。アイガー東山稜「ミッテルレギ稜」の初登攀者。槇の寄付などにより建てられたミッテルレギ小屋が今も営業している。
日本山岳会設立者・初代会長、マナスル初登頂日本隊隊長など。
日本の登山に近代化をもたらしたレジェンドの1人。

(※)みなかみやま。標高659m、標高差280mほど。周辺の山々の尾根から独立した離れ小島のような溶岩ドーム。松代群発地震の震源。
山頂の皆神神社はパワースポット(山頂の神社まで車で通行可能であることを帰宅後に把握)。
太平洋戦争末期には周辺の2つの山などとともに首都機能移転が検討され、地下壕が残っている。

 

またまたFCV

 投稿者:mはら  投稿日:2017年10月 2日(月)22時42分28秒 sp49-98-149-160.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  2週間ぶりに深谷クライミングヴィレッジへ。

前回は会の仲間とは離れて、1人黙々と
久しぶりのボルダリングに打ち込んだが、
今回はトラジロウさんから色々とアドバイスをいただいた。

前回登れなかったボルダーの課題3つを
立て続けにクリアすることができ、
オレンジ色(最易レベル。7~8級)の課題を完登できた。
次回からは、水色の課題の完登にチャレンジしたい。
長い道のりとなるであろう…。

長壁はトップロープやオートビレイで
5.10(ファイブ・テン)の一部の課題を登ることができたが、
省エネな腕使いなどが今後の課題。

※2枚目の写真は、新調したロープを慣らす為に
トップに掛けているトラジロウさん。

 

レンタル掲示板
/8