teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


社交辞令とは知りながら…

 投稿者:朱鷺田  投稿日:2006年 3月27日(月)02時40分20秒
  大磯様、お返事を書き込んで下さって感謝です。分かられておられるとは思いますが、断然知識の質が違いますから貴方のコラムなどから少なからず私が指導されています。さて、気づけば私の投稿した翌日(2006/3/22)にコラムが更新されていたのですね。最近見ていなかったので気付きませんでした。ちょっとコラムとはズレるのですが私は建築士を目ざしています。最初は「建築士」で無くてもよく、ただ単に「建築士」でした。昔から物を作るのが好きでしたがなぜ「建築士」なのか?理由は簡単。当時リフォーム番組が始まった頃であり、「建築家」がカッコよく見えたのです。それから建築の学校へ行き、崖っぷちに立たされながらも無事卒業。初めての建築士の試験はかすりもせず落ちました。それでも「建築士」を諦めることなんてしませんでした。(まだ受かってません)ある意味最先端の技術を駆使する時代の寵児たるかれら「建築家」がどれほどまぶしかったことか―。でも、それは「耐震偽装」問題のあとなんだか黒く澱んだ「いやな」ものへと変わり、気分をより陰鬱な物へと変えたのでした…。その代わりもう一度「建築士」になっていいのか?(まだまだ、なれる実力もないのですが)と本気で考えさせてくれるいい機会になりましたが…。「偽装」と「捏造」。建築でもっとも基準は「水平」である事。そこ全てが始まります。だからこそ建築が成熟した時から現在に至るまでそれに関わる人々は「水平」に生魂(しょうこん)傾けました。(水平なのに傾けるはおかしいかな?) 建築や新聞は全ての右、左に傾くのではなく「真っ直ぐ」伝える人に伝えてほしい。そう大磯さんのコラムを読んで思いました。  
 

朱鷺田さん、、

 投稿者:大礒正美  投稿日:2006年 3月22日(水)11時38分8秒
  よむきるコラムを深く理解していただき感謝しております。弟さんの大学合格おめでとうございます。
 今後も熱心な読者のために書き続けますので、よろしくご指導下さい。
 

コラム読みました。

 投稿者:朱鷺田  投稿日:2006年 3月21日(火)00時49分55秒
  もう季節は春なのですね。卒業の話題も出、私の弟は農工大に合格し―。と、すいません。初めまして、最近コムド問題からこのサイトにたどり着いたものです。それにしてもコラムは楽しいっ!今まで見えていた世界がただの薄皮を掛けられているのだとー、知ることができました。いろんな出会いはありますが知識を深く「関心」させる言葉を語る方のこのサイトに出会えたことは幸運でした。ありがとう。 「後は目が見えずとも盲目にならないこと」かな。 失礼しました。  

卒業おめでとうございます

 投稿者:OB波多野陽介  投稿日:2006年 3月15日(水)17時14分10秒
  先生、ゼミ生の皆様、ご無沙汰しています。
遅くなりましたが、斗沢さん、織田君、ご卒業本当におめでとうございます。
私たちが同じように見送られてからもう一年が経つのかと思うと、本当に感慨深いものがあります。
OBとして、二人が新天地でも活躍されるのを願うことしかできませんが、きっと大丈夫だと思います。なぜなら大磯ゼミで貴重な時間を過ごしてきたからです。
私はこちらに来て、改めて先生の授業や大磯ゼミで得たものの大きさを感じています。卒業されるお二人にも、現ゼミ生の方々にも、そうしたものは必ず蓄積されているのです。自身の内にあるものを大切にしましょう。

皆様に良き春が訪れますように。
(そして私も来春は笑って迎えられますように…)
 

一年

 投稿者:杉山です  投稿日:2006年 2月27日(月)07時17分6秒
  斗沢さん、織田君、卒業決定おめでとう!!!一緒に頑張った仲間が、ついに卒業してしまうのですねぇ。ちょっと寂しいです。ビールパーティ、気持ちだけ参加します。
2月26日で、アメリカに来て一年経ちました。皆さんの周りは、どのように変化したのでしょうか?長いようで短い一年でした。
もう一年、しっかりアメリカに埋もれて、頑張ってきます!
皆さんも、お体に気をつけて頑張ってください。
 

卒業式は、、

 投稿者:大礒正美  投稿日:2006年 2月22日(水)01時00分52秒
  3月15日です。今日、織田君と斗沢さんの卒業が決定しました。おめでとう。
当日は午後、研究室で恒例のビールパーティーを予定しています。
OB,OG諸君も訪問を計画中です。どしどし参加してください。
 

誤解を受ける部分があったようです

 投稿者:もかちょ  投稿日:2006年 2月 9日(木)19時06分32秒
  大礒様、お返事下さりありがとうございます。
「事態は好転」という言葉に力づけられました。

さて、知人と話をしていた時に「不遜だと思う」の部分が
誤解を招くのではないかと指摘されました。
私の言う「不遜」は小泉首相が皇室典範改正の意思を持ったまま
秋篠宮殿下の第3子がお生まれになるまで「待ってみよう」と
いう態度に対してのものです。(我々日本国民ではありません)
ほとんどの日本国民は男でも女でも、とにかくお元気なお子様が
誕生することを願っており、もし男の子であれば、今のままの
皇室典範で男系を維持できるので、さらにおめでたいという
考えだろうと思います。
当然、その前に皇室典範改正の動きを進めることは許せません。

テレビ番組で、小泉首相は知らされていなかったが、安倍長官は
知っていたらしいと、さかんに国会の場面を放映していましたが
今はなぜNHKが宮内庁より早く報道したのか、(できたのか)
そのことが大変気になり始めております。
 

もかちょさん、、

 投稿者:大礒正美  投稿日:2006年 2月 8日(水)08時28分37秒
  ブルログの威力、すごいですね。

ちょうど国会中継を見ていましたが、野党の岡田氏が質問冒頭で「国民とともにお祝いしたい」と述べたのに、小泉首相は一言もお祝いを口にしなかったのが印象的でした。正直な人なんでしょう。内心は「想定外」で、頭がいっぱいだったのだと思います。これから大変ですが、事態は好転しましたね。
 

お邪魔します

 投稿者:もかちょ  投稿日:2006年 2月 7日(火)16時43分52秒
  はじめまして。私もmumurブルログからやってきた者です。
秋篠宮紀子妃殿下ご懐妊のニュースに思わず筆を執りました。
平成17年11月23日のコラム「これは皇室のお家騒動なのか?」を拝見して、
大礒教授が皇室典範改正案は「秋篠宮外し」が目的、と指摘されたことに目からウロコが
落ちておりました。そして今日ついに現実の問題となりました。まさに大礒教授は
「慧眼の士」です。
私は微力ながら、皇室典範改正案、女系天皇になぜ反対しなければならないかを周囲の
人々に説く毎日を送っておりますが、(コラムから色々と引用させて頂いております)
このご懐妊発表によって、皇室軽視の小泉首相がどう出るか非常に心配です。
今国会での法案提出、採決を強行するのか、生まれるまで様子を見るのか(これは不遜
だと思いますが)予断を許さない状況だと思います。
大礒教授のご意見を早くお聞きしたいところです。
 

お返事ありがとうございます

 投稿者:ぐるり  投稿日:2006年 2月 2日(木)00時54分49秒
  お返事ありがとうございます。よく見たら全部のページじゃないんですね>osio
ということで探してみました。
% curl -O 'http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column0[01-75].html'
% grep -l osio *.html
……

どうやら、51~69 がosioになってるようです。
#最初からやっとけば良かったw

http://gururi.com/

 

レンタル掲示板
/16